警察署への家出人捜索の出し方について

捜索願を提出する警察署について

家出人捜索願を出す警察署は、保護者の居住地、あるいは家出人の居住地を管轄する警察署に提出します。
まずは警察署に出向いて、事情を話す事が必要です。
警察署に出向いたら家出人捜索願の届出用紙に記入し、職員から質問がありますので、わかる範囲で答えて下さい。

家出人捜索願を出すときに聞かれること

・届け出をする人の氏名、現住所、家出人との続柄
・家出人の氏名、性別、生年月日、本籍地、現住所、職業
・身長、体重 ・身体的な特徴(ケガの痕、手術の痕、ほくろやできもの)
・家出をした日時(最後に見かけた日時)
・家出の原因(思い当たる動機)
・家出をしたときの服装や持ち物、所持金の額
・家出に使用した車両(ナンバー、車体番号、色、年式)
・携帯電話の番号(携帯電話を所持しているとき)
・趣味や好きな食べ物、よく行く場所
・薬物の使用歴、精神病の既往歴など

他にも、交友関係等のかなりプライベートなことに立ち入ったところまで聞かれます。
最後に、本人の写真を渡して、書類に印鑑を押せば、家出人捜索願は受理されます。その時に、「警察受理番号」をメモしておいて下さい。

家出人捜索願を出した後の警察の対応

警察内部で家出人は「特別家出人」「一般家出人」の2つに大きく分類されて扱われます。

「特別家出人」とは

特別家出人とは、何かしらの外部からの原因によって行方不明になったと考えられる場合で、生命に危険が及ぶ可能性や事件性があるというようなケースです。この場合には、警察も事件として扱い積極的な捜査を行ない、必要に応じて公開捜査になることもあります。

「一般家出人」とは

一般家出人というのは、自分の意志で行方不明になったという場合です。この場合、基本的には民事の扱いになるため、警察は積極的に介入することができません。警察のコンピューターに登録され、街頭補導、交通取り締まりやパトロールの際の職務質問などで照会されるのを待つようなかたちになります。また、家出人が成人の場合は、本人が帰りたくないというのを無理に家に連れて帰ったり、身柄を拘束することはできないので、本人に「家族が心配しているので連絡を取るように」と促したり、届出をおこなった人に、発見したときの状況を伝えることをします。

ページトップへ戻る