荒川区 警察署への行方不明者届出の出し方について

荒川区の概要

荒川区 画像1932年10月1日、東京市域拡張に伴い、北豊島郡南千住町・三河島町・尾久町・日暮里町が合併し、東京市荒川区が発足。区の発足から1945年ごろまで、東京市内で最も人口の多い区であった(当時の人口はおよそ28〜32万人)。
1947年5月3日、地方自治法が施行され、荒川区は特別区となった。現在は下町としての特色を強く残す一方で、工場跡地を活用した大規模な再開発や公園整備が行われている。特に南千住地区の再開発は都内最大級の規模となっている。これに伴い、大規模なマンションの建設ラッシュが続いているため、若いファミリー層を中心とした人口流入が見られる。1990年代まで減少していた区全体の人口も増加に転じた。

《面積》10.2k㎡

《荒川区の主なスポット》
あらかわ遊園、都電荒川線

家出人、失踪人は、家族や友人と以前観光等で訪れた場所、地域を選ぶケースが良くあります。観光スポットは家出人捜索において手がかりとなる重要な捜索ポイントとなります。

行方不明者届け

ご家族等が突然に行方不明になられた場合、警察に捜索して貰うために相談に行かれると思います。その際「行方不明者届け」は、住んでいた場所を管轄する警察署で受理することとなっています。届出をされる方が遠方に住んでいるなどの事情がある場合には、届出人のお住まいや行方不明者が行方不明となった場所を管轄する警察署で受理することも可能です。

準備するもの

○届け出される方の身分証明書
○行方不明者の写真
○印鑑

必要な事柄

○家出人の本籍、住所、氏名、生年月日、職業
○家出の日時、原因・動機
○身体特徴、行方不明となった時の服装、所持品
○使用車両に関すること
○立ち回り見込先等参考となる事項

○一般家出人
成人が自らの意思で家出したり、借金などの夜逃げなど、民事に関する家出人のことを指します。警察は積極的に介入は致しません。

○特異家出人
自分の意思で失踪することが考えられない者(幼児、病人、老人等)や事故に巻き込まれた可能性のある者、殺人、誘拐などの事件に関わりのありそうな者や、遺書や日頃の言動から自殺の可能性が考えられる者。

※「特異家出人」の様な事件性や事故率など人命にかかわる恐れがある場合は、警察も積極的な捜索活動が行われる。
近年、配偶者や子供の家出・失踪等に関するご相談が増加しております。「一般家出人」もそうですが特に「特異家出人」は、どれも極めて事件性、事故率が高いので、速やかに対処しなくてはなりません。

荒川区警察署一覧

荒川警察署     荒川区荒川3−1−2     TEL 03-3801-0110
尾久警察署     荒川区西尾久3−8−5    TEL 03-3810-0110
南千住警察署    荒川区南千住6−45−43  TEL 03-3805-0110

人探し行方不明捜索調査はSC探偵事務所にお任せ下さい。

ビジネスマンとビジネスウーマン人探し・家出・失踪・行方不明捜索調査は業界随一を誇る調査力と低料金のSC探偵事務所にお任せ下さい。当探偵事務所は港区虎ノ門と新宿に事務所を設けております。ご都合の良い窓口にお気軽にご相談下さい。

◯安心の低料金、成功報酬制
◯業界随一を誇る調査力 ※当日即日調査可
◯丁寧なお客様対応
◯相談無料・年中無休

SC探偵事務所

本  社:東京都港区虎ノ門3−11−8山田ビル2F
フリーダイヤル:0800−8000−358
東京都公安委員会 探偵業届出証明書 第30140017号(所轄:愛宕警察署)

新宿支社:東京都新宿区新宿4−3−15レイフラット新宿6F
フリーダイヤル:0120−360−003
東京都公安委員会 探偵業届出証明書 第30140030号(所轄:四谷警察署)

ページトップへ戻る